入力フォーム問題にefo

ここまでインターネットという手段が普及してきて、私達の生活が大きく変わったこの時代、既にそれを活用できるのは『当たり前』とされている時代、と言えるかもしれません。少し時代が違えば、そもそもインターネットを使える人の方が少なく、まだそれは発達段階のものと思われてきました。しかし、既に私達の生活と一体化しているインターネットは、それが無ければ生活ができない、と言えるような状態にまで発達しました。既に誰もが、それを用いて様々なことを行っているからです。

最近では、いわゆる『契約』も、ネット上で行えるようになりました。例えば、特定のサービスを利用する前には、本人の情報を入力するなどして、登録を行うことがあります。その際特定の個人IDやパスワードなどを発行することになるでしょう。そうして会員になると様々なサービスが受けられるような、サービスも発達しています。さて、そこで一つのポイントがあります。それが今回取り上げる、『入力フォーム』について、です。

入力フォームというのはそのサービス登録などを行う際に私達ユーザーが氏名や年齢、性別や住所、メールアドレスなどを入力する欄のことですが、入力を完了したと思ったらエラー表示が出て次に進めなかったり、どこが間違っているのか分からなかったり…そういった経験をされたことがある方も少なくないでしょう。その「分かりにくさ」はユーザーが登録をせずに離れてしまう原因となるので、そのために『efo』があります。