『離脱率』の減少に

efoを導入する際にポイントとなるのは、『離脱率』についてですが、実際にどのような場合に離脱は起こりやすいのでしょうか。まず、表示されたエラーメッセージ等が、分かりにくい、という場合です。登録等にあたって、特定の文字列、条件が必要な場合があります。そういった場合はその文字列を用いなければなりません(半角・全角など)が、ユーザーがその間違いに気付かなければ、どこが間違っているのか分からないかもしれません。また、何度も修正してエラーになり、それがさらに離脱に繋がります。

そこで、efoを導入してエラーメッセージを分かりやすく表示したり、ユーザーが入力した直後に間違いを訂正したりできるようになると、その分ユーザーが行わなければならない手間も減り、離脱が減少します。離脱が減少すると、新規のユーザー、顧客が入りやすくなります。この点で、大きなメリットがある、と言えるでしょう。

普段ユーザー視点で物事を見ていないと、この重要性には気付かないかもしれません。しかし確かにユーザーフォーム改善には意味があり、過去に実際にefoを導入することによって、離脱率の改善を実感している企業があることからも、その重要性が分かります。